受験対策にも使える!中学の各教科別テスト勉強攻略法


テスト勉強02学校に通う以上逃げることができないものの1つが『定期テスト』です。定期テストは、各学期に2回行われるもので、このテストの結果によって学校の成績が大きく左右されます。

そのため、定期テストで良い点数を取ろうと、ほとんどの人が必死になって勉強します。特にテスト一週間前になると、部活もなくなりますからテスト勉強に集中することができます。

しかし、各教科によってポイントとなる点は異なりますし、当然それによって勉強の仕方も異なってきます。そこでここでは、教科別に分けたテスト勉強のやり方を紹介しますので、ぜひ今後の勉強の仕方の参考にしてください。


この記事の続きを読む


2015年09月18日 [テスト勉強必勝法]

具体的な行動をする前に知ってもらいたい集中力の基礎知識


集中力勉強に限らず、何かに取り組む際には集中力は欠かせません。仕事、遊び、趣味・・・何をするにしても集中力がれば、楽しんだり成果を出すことができます。

集中力は自然と出る時もある一方、意図的に出すこともできます。また、どれだけ集中力を高めないと・・・と思っていても、気持ちとは裏腹にでてくれないことも珍しくありません。

集中力をコントロールするためには、まず集中力がどういったものかを理解しておくことが必要です。そこでここでは、集中力がどういったものなのか、どのくらい持続するのか、そしてなぜ集中力が切れるのかについてお話しします。


この記事の続きを読む


2015年09月14日 [集中力]

勉強以外の時間でできる記憶力を鍛える6つのトレーニング法


記憶力 鍛える試験で良い結果を残すためには、理解力だけでなく記憶力も重要になってきます。そのため、勉強の中で自分の記憶力を鍛える必要がります。

記憶力を鍛えることによって、より多くの知識や情報をインプットすることができます。頭に入れた知識が多ければ多いほど、試験の問題をスラスラ解けるようになり、良い点数をとることも不可能ではなくなります。

多くの人は、こうした記憶力を鍛えることを“勉強”によって行おうとしています。でも実は勉強以外にも記憶力を鍛える方法があるのです。


この記事の続きを読む


2015年09月11日 [記憶術・記憶法]

年齢だけじゃない?物忘れが激しい人にみられる5つの共通点


物忘れどれだけ一生懸命勉強して、たくさんの知識や情報をインプットしても、こうした記憶はいずれ忘れていってしまいます。これは生きていく中でたくさんの記憶をするため、古い記憶はどんどん頭の奥底に追いやられてしまうからです。

そして年齢を重ねることで覚えていたことをふと忘れることが増えていきます。いわゆる“物忘れ”が起きるのです。

ですが実際は、年齢以外にも物忘れをする原因はあります。どうでもいいことなら問題はないのですが、試験に必要な知識や勉強したことを忘れてしまうと、良い結果を出すことは到底できません。


この記事の続きを読む


2015年09月10日 [脳の仕組み]

記憶力を鍛えるために勉強する際に心掛けるべき6ヶ条


記憶力 鍛える02勉強した内容をより多く記憶するためには記憶力を鍛えることが必須です。さらに、勉強のを仕方を工夫したり、ちょっとしたことを心がけることで自身の記憶力を上げることもできます。

勉強はただ取り組んでも効率も悪くなり、記憶できる情報量も少なくなります。しかし、取り組み方を工夫したり勉強する際の心がけを変えるだけで、勉強の効率も上がりますし、記憶力も高められます。

そこでここでは、記憶力を鍛えるために、勉強のする際に心がけてほしい6ヶ条についてお話します。この6ヶ条を心がけることによって脳を積極的に使うようになり、記憶力が鍛えられるので、ぜひ勉強する際には意識してみて下さい。


この記事の続きを読む


2015年09月07日 [記憶術・記憶法]

必要な情報を瞬時に暗記できる“記憶術”の隠れた特徴


記憶術021つでも多くの情報を記憶する、1語でも多くの単語を暗記する・・・こうした記憶や暗記は勉強する上でもっとも重要なスキルの1つです。この記憶している情報量が多ければ、それだけ試験やテストなどですらすら解答することができますし、逆に少なければあれこれ悩んだりサッパリ答えられません。

そのため、より効率よく暗記する方法やたくさんの情報を頭の中に詰め込む記憶術というのは昔からいろいろ存在します。様々な記憶術を駆使し、試験を通過することで、自分が理想としていた人生に進むことができるのです。

しかし記憶術というのは、ただ簡単に記憶できるテクニックではありません。記憶術をマスターすることにより、単に頭の中に詰め込める情報量が増えるだけでなく、さまざまな変化を実感することができるのです。


この記事の続きを読む


2015年09月02日 [記憶術・記憶法]

学力をアップさせるために心がけるべき5つの読書の仕方


読書の仕方勉強はなにも机に向かってノートに書いたり、ひたすら暗記したり、問題集を解くだけではありません。楽しみながら学力アップにつながるような方法もたくさんあります。

その代表的なものが読書です。読書をすることによって活字に触れ、そこから漢字を覚えたり情報をインプットしたりすることができます。

ただし、読書だったらどんな本でも良いわけではありませんし、単純に本を読めばいいというわけでもありません。本からきちんと情報や知識を入れることができなかったら学力アップは望めませんからね。

そこでここでは、学力アップにつながる読書の仕方についてお話していきます。ちょっと読書する時の意識を変えるだけで勉強につながるので、ぜひ実践してもらえればと思います。


この記事の続きを読む


2015年09月01日 [速読・読書]

記憶力アップに欠かせない“海馬”を鍛えて活性化する方法


海馬記憶力をアップさせるには、ただ暗記の仕方を工夫したりするだけでは足りません。記憶力を上げるには脳の性能をあげることが必須であり、そのための訓練をする必要があります。

特に記憶力を上げるためには“海馬”という部分を鍛えることが重要と言われています。海馬を鍛えることによって頭の中に記憶できる量を大きくすることができ、なおかつ一度覚えたことが忘れにくくなります。

そこでここでは、海馬がどういった働きをもって情報を記憶させるのかを解説するとともに、海馬を鍛えて脳を活性化させるための方法を紹介します。


この記事の続きを読む


2015年08月31日 [脳の仕組み]

モチベーションアップのために知っておくべき5つの理論


モチベーションアップ学習効率を上げるためには、勉強方法を工夫することも大事ですがそれ以上に、勉強に対するモチベーションをアップすることも大切です。効率のいい勉強方法をモチベーションが高い状態で取り組むことによって、短期間で効果的な勉強をすることができます。

モチベーションの上げ方については人によって違いますし、万人共通の方法というのはありません。人によって興味や考え方が違うため、自分に合ったモチベーションの上げ方、やる気の出し方をする必要があります。

しかし、これまで心理学や脳科学の研究によって、モチベーションアップに役立つ理論がいくつかあります。ここでは、勉強のモチベーションを上げるのに役立つ5つの理論を紹介しますので、自身のやる気を上げる方法として取り入れてみてはいかがでしょう。


この記事の続きを読む



勉強できない人がやりがちな間違ったノートの取り方8選


ノート 取り方勉強ができる人とできない人とではどこに違いがあるのでしょうか?細かく挙げればこの違いはたくさんあると思いますが、その1つに『ノートの取り方』というものがあります。

ノートは、ただ先生が黒板に書かれたことを写せばいいわけではありません。ノートの取り方が向上することによって復習する時の勉強効率がアップし、試験やテストの結果にも大きな影響を及ぼします。

しかし実際は、ノートの取り方が間違っているため、どれだけ時間をかけて勉強しても結果に結びつかない人がたくさんいます。ここでは勉強できない人がついついやってしまう“間違った”ノートの取り方を紹介しますので、もし自分に該当しているものがあったらすぐにでも改善していきましょう。


この記事の続きを読む



受験生にオススメ!各教科別ノートのまとめ方のコツ


ノート まとめ方勉強するにあたってノートのまとめ方はとても重要です。読み返した時に「そういえば・・・」と授業の内容を振り返ることができるかどうかは、ノートのまとめ方1つで変わってきます。

ノートは、ただ黒板に書かれた内容を写したり、先生が話した内容を記入するために使っている人が多いと思います。しかし、成績が良い人というのはノートのまとめ方から違うのです。

上手にノートをまとめることによって、読み返した時にどこが重要なのかが一目で分かるようになるだけでなく、情報も頭の中で整頓されるため、テストや試験でも良い成績を取ることができます。そこでここでは、各教科別のノートのまとめ方についてアドバイスいたします。


この記事の続きを読む



1 2 3 4 5 6 8
サブコンテンツ

このページの先頭へ