朝勉強は効率的?驚くほど勉強の効率を引き上げる4ステップ


勉強 効率1人によって「勉強がはかどる時間」というものは異なります。深夜にしたほうがはかどるという人もいれば、昼間の方が集中して勉強できる人など、その人のライフスタイルによってまちまちです。

その中でも特に効率よく勉強できる時間帯として有名なのが「朝勉強」です。

朝勉強とは文字通り早朝の時間帯に行う勉強のことで、寝起きで頭がスッキリしている分普段よりも内容の吸収が良い・・・などと言われています。ですが、決して朝勉強だけが効率の良い勉強法というわけではありませんし、朝勉強にもいくつかデメリットがあることをご存知でしょうか?

そこでここでは、朝勉強についての正しい知識や効果を紹介するとともに、効率よく勉強するうえで欠かせない4つのステップについてお話ししていきます。

SPONSORED LINK

 

1.朝勉強の効率性について

勉強 効率2

勉強を効率よく進めることによって短時間で内容の濃い知識を身につけることができます。つまり勉強する上で“いかに効率よく”勉強するかがポイントとなるわけです。

そんな中いわれているのが朝勉強・・・つまり勉強してから寝るのではなく、一度睡眠をとり、早朝に起きて勉強するというスタイルで、夜遅くまで勉強するよりも効率が良いといわれています。

ではなぜ朝勉強は効率が良いといわれているのか?「同じ勉強時間であれば深夜にやろうと早朝にやろうとあまり変わらないのでは?」と思う人もいるこでしょう。

人によっては勉強がはかどる時間が異なります。「夜が更ければふけるほど集中できる」という人もいれば、「朝早く起きて勉強したほうが覚えやすい」という人もいます。

では実際のところはどうなのか?ここではまず朝勉強のメリットとデメリットについてお話していきます。

1-1.朝勉強のメリット

朝勉強とは夜一度睡眠をとり、起きてから勉強を始めるスタイルのことで、基本的には朝の4時や5時から始める勉強のことを言います。つまり寝起きの状態から勉強を始めるということ。

しかし「起きてすぐ果たして勉強なんかできるのか?」と思う人も少なくないはず。なぜならほとんどの人は起きたばかりの時は頭がボーっとして思考が完全にストップしている状態だからです。

それに起きてから活動できるようになるまでしばらく時間がかかる人もいるでしょう。特に寝起きが悪い人は活動開始までの時間が長く、30分くらい費やす人も珍しくありません。

ですが早朝に勉強することで様々なメリットがあります。そのメリットとは

1.新しい情報が入りやすい
2.静かな環境で勉強できる
3.適度な空腹感を持って勉強できる
4.限られた時間の中で勉強できる

 

の4つです。それでは1つずつ具体的に解説していきます。

1-1-1.新しい情報が頭に入りやすい

先ほども言いましたが、多くの人は起きてすぐは頭が働かずボーっとした状態になっていると思います。実はこのボーっとした状態は脳が詰め込まれた情報を整頓しているところなのです。

まず五感を使って得た情報は海馬(かいば)というところにインプットされます。そこから情報の重要度に合わせて振り分けられ、より大切なことだけを脳に長期保存させているのです。

そして、海馬に入ってきた情報は寝ているときに処理されます。そのため、海馬に新しい情報を詰め込むのに一番ベストな時間帯とは“起きてすぐの時”なのです。

「暗記は朝やったほうが覚えやすい」と言われるのは、こうした脳の仕組みが裏づけされているからです。

1-1-2. 静かな環境で勉強できる

帰宅していざ勉強しようとしても、家族がテレビを見ていたりなどしていて、ついつい雑音が入りがちになってしまいます。また自分も見たいテレビがあったりなどといった誘惑も少なくありません。

しかし早朝に勉強すると、こうした誘惑や勉強の弊害になるものは極端に少なくなります。なぜなら、自分以外のみんなはまだ寝ていて活動していないからです。

また夜に比べて早朝のほうが空気が澄んでいるため、よりリラックスした状態で勉強することができます。勉強に集中しやすい環境という点では、早朝のほうが優れているといっていいでしょう。

1-1-3. 適度な空腹感を持って勉強できる

夜勉強するとなると、夕飯後から寝るまでの時間になります。そのため夜勉強する時は比較的お腹はすいていない状態なはず。

しかし実は、効率よく勉強するなら若干空腹感があるほうがはかどるといわれています。その理由は、体内のブドウ糖が不足することに大きな関係があります。

そもそも空腹時とは、体内のブドウ糖が不足している状態のことを差します。そしてブドウ糖が不足していくと、体が危険を察知して「偏桃体」という神経細胞が活性化されるのです。

その時、記憶に影響を与える細胞までもが一緒に活性化され、記憶力を高めることができるのです。そのため、同じ時間勉強していても早朝のほうが知識をより吸収しやすい体になっているわけです。

1-1-4. 限られた時間の中で勉強できる

夜に勉強する場合、終わってからやることといえば布団に入って寝るだけですから、その気になれば何時間だって勉強に時間を費やすことができます。しかし、こうした時間的制限がないことで、ついダラダラしてしまうことってありませんか?

それに対して朝勉強は1日の始まりに勉強をします。そのため、学校に行く時間やその日のスケジュールをこなさないといけないため、予定のない休日でない限り、ダラダラ勉強することができないのです。

こうした時間的な制限をつけると、緊張状態になった偏桃体が活性化し、記憶力がアップします。試験やテスト直前に行う「丸暗記」も、明日というタイムリミットがあることでできる業なのです。

1-2.朝勉強のデメリット

先ほどお話したように、勉強時間を早朝に持ってくるだけで、勉強の効率性を高めることができます。ですが、朝勉強がなにもメリットばかり・・・というわけではありません。

朝勉強をすることで、生活習慣や普段の生活に支障をきたす可能性があります。こうしたデメリットをきちんと理解し、その対策をとることは、この先より効率の良い勉強をするうえでは必要不可欠になってきます。

そこで、朝勉強をするにあたってのデメリットと、その対応策についていくつかご紹介します。

1-2-1.睡眠不足になりがち

早朝に勉強するということは、必然的に朝起きる時間が早くなることを意味します。例えば毎朝6時に起きていた人が、朝勉強を2時間するとなると、遅くても朝4時には起きないといけません。

この4時起きの生活に慣れてしまえばいいですが、慣れるまでが大変。朝早く起きるぶん夜も早く寝ないと睡眠時間は確保されません。ですがいきなり2時間早く寝ようと思っても生活習慣ができてしまっているため、すぐに寝れるものでもありません。

そのため、朝勉強を始めて1週間くらいは睡眠不足に陥りがちになってしまいます。特に始めて2日目や3日目は昼間眠たくなる可能性が高いので、就寝時間を前倒した生活習慣を身につけましょう。

1-2-2.脳内整理が不十分

先ほど朝勉強のメリットのところでもお話しましたが、寝ているときに海馬につめられた情報が処理され、必要なものに脳に保存され、いらない情報は忘れていきます。しかし睡眠時間が短いと、こうした情報処理が全て行われず脳内の情報整理が不十分になってしまうのです。

そうなると、いくら早朝に勉強したとはいえ、知識を多く詰め込むことができません。早朝に勉強するなら睡眠時間をしっかり確保することが必須といえるでしょう。

朝に勉強するならその分早く寝て睡眠時間はしっかり確保すること。それによって朝勉強を効率よくこなすことができます。

1-2-3.昼間に睡魔が襲ってくる

夜寝る時間が一緒で朝起きる時間が早まれば当然睡眠時間が短縮されることになります。そして、その短縮された睡眠時間のしわ寄せは昼間にやってきます。

特に昼食を食べ終わってからは、お腹もいっぱいでよりいっそう眠気が強くなってきます。当然眠気が襲ってくれば勉強への効率にも支障をきたします。

昼間眠気に襲われないためには、まず睡眠時間を確保すること。そして昼食を食べた後に少し昼寝をしたりするなどして、少しでも眠気をとるようにしましょう。

1-2-4.体調を崩しがちになる

朝早く起きようと思うと、どうしても睡眠時間が短くなりがちです。そして睡眠時間が短いと体の免疫が落ち気味になってしまい、体調を崩しやすくなります。

体調が悪いとどうしても勉強に集中することができず、どうしても効率が悪くなってしまいます。睡眠時間が好くない時は特に体調管理に気をつけて風邪をひかないように対策をとりましょう。

帰宅後に手を洗ったりうがいはもちろん、栄養にも気をつけて体調を崩さないように心がけてください。

 

2.効率よく勉強するための4ステップ

勉強 効率3

効率よく勉強する方法の1つとして「朝勉強」を紹介しましたが、これ以外に効率よく勉強する方法がないわけではありません。朝に勉強したほうが、環境だったり記憶しやすい状態するだけで、勉強方法を工夫することで、昼間や夜に勉強しても効率よく勉強することができます。

では具体的にどのように工夫することで勉強を効率化できるのか?ポイントしては次の4点です。

1.現状把握
2.計画
3.記憶
4.理解

 

そもそも効率よく勉強するには、無駄な時間や作業を省き、必要な知識を頭に入れることが大切。こうした無駄を省くためのポイントが先ほど挙げた4つなのです。

それでは、この4つのポイントについて1つずつ解説していきましょう。

2-1.【現状把握】無駄を省くため過去問などを解く

現状把握とは、自分の学力や知識がどのくらいあるのかをチェックすることです。分かりやすくいうと、どういった問題が解けてどういった問題が解けないのかを把握すること。

例えば英単語が100コあったとしたら、いくつ覚えていていくつ覚えていないかを自分の中で把握しておきます。そうすればすでに覚えたものはとりあえず後回しにして、覚えていないものから暗記すれば勉強時間は短縮されますよね?

このように、今自分がどの問題が解けてどの問題が解けなかったのか?をきちんと理解することが勉強の効率化につながります。解ける問題にそこまで時間をかけず、解けない問題を解けるようになる勉強をすることで、無駄な時間や手間を省くことができるからです。

ただし、一度解けた問題でも忘れてしまうことがありますから、定期的にこうした自分の知識の現状把握を怠らないように。こうしたことを繰り返すことによって記憶や知識が上積みされ、忘れにくくなるでしょう。

2-2.【計画】記憶と理解を分ける

「勉強する」といっても具体的には“記憶する”と“理解する”の2つの行動が必要です。そしてこの2つの行動をしっかり分けることが効率よく勉強するためのコツなのです。

例えば小学生の頃に九九を一生懸命覚えた人も多いと思います。こうした九九や公式などは“記憶する”行動になります。

それに対して、計算問題を解いたり文章を読んで答えを求めるような問題は、計算の仕方や公式の使い方を“理解する”必要があります。同じ公式を使う問題でも、全く同じ問題が出るとは限りませんから“記憶する”だけでは解けませんからね。

このように、教科や勉強する内容によって“記憶する”と“理解する”のどちらが必要なのかが違ってきます。当然行動が異なれば勉強方法だって違ってくるため、ハッキリ分けて勉強することで効率を上げることができます。

英語を勉強するときに、英単語を覚える用のノートと、英文を解読する用のノートを使い分けて勉強するとか。こうしたちょっとした工夫をするだけで知識を吸収する量が変わってきます。

2-3.【記憶】記憶や暗記は作業的に

先ほど【計画】のところで“記憶する”と“理解する”を別々に勉強することを紹介しました。ではこれらを具体的にどのように勉強すればいいのか?

まず“記憶する”ですが、まずは覚えるべきものだけを作業的にどんどんこなしていくことがお勧めです。例えば歴史上の人物の名前などもまずは漢字で書けるくらい覚えられるようになればひとまずOKです。

よく記憶すべきことに関連したことも合わせて覚えると記憶に残りやすいといわれます。先ほどの例で歴史上の人物を覚える場合なら、その人がいつ頃活躍して、どんなことをしたのかまで調べてみる・・・とか。

確かにそうしたほうが記憶には残りやすいです。しかし、こうした背景を深く掘り下げすぎると、本来覚えるべきことが覚えられずただただ時間のロスになりかねません。

それよりも覚えるべきことだけをまずはしっかり記憶し、そこから“理解”につなげるのは、時間を改めて勉強しなおしたほうがすんなり自分の知識になりやすいです。ですので“記憶する”時はとりあえず覚えることに徹底しましょう。

2-4.【理解】記憶を元に必要なものだけ理解する。

“記憶する”作業をこなしたら、その記憶したことを元に今度は理解を深めていきます。ジグソーパズルに例えるなら、記憶したワードがピースであり、理解する作業はそれらのピースを1つずつはめていくことと言えるでしょう。

“理解する”というのは記憶の1つ1つがつながることで生まれる発見のことを差します。つまり、理解するためには単語や言葉の意味だったり人の名前だった利を知っていることが前提となるのです。

先ほど【記憶】で「とりあえず記憶する作業に徹底しよう」といった理由はまさにこれ。いくら教科書を読んでも言葉1つ1つの意味を知らなかったら理解することなど到底できません。

古典の勉強をしようにも、どんな物語かどうか以前に、古語の意味が分からなければ読むことすらできません。しかし古語の意味が分かっていれば、書かれている古文を読むことができますし、そこからより興味や関心が生まれてきます。

よく記憶と理解を両方こなそうとする人がいますが、基本的に使う頭が違うため、よほど器用な人でない限り効率よく勉強を進めることができません。まずは必要なことを記憶し、その記憶したものを基にして理解を深める・・・これが効率よく勉強するための基礎といってもいいでしょう。

 

最後に

ここでは朝勉強の特徴を紹介するのと同時に、より効率よく勉強するためのコツについて紹介してきました。短時間でより密度の濃い勉強をすることで、確実に試験範囲の知識を吸収することができます。

勉強とは、ただ時間をこなせばいいものではありません。限られた時間の中でどれだけ多くの情報を自分の知識としてとどめておくのかがポイントになります。

もし、今までダラダラ勉強してしまうクセがある人は、思い切って勉強する時間を朝に変えてみてはいかがでしょう。それだけで気分が新鮮になり、より勉強に集中しやすくなるはずです。

ちょっとした工夫で勉強の効率化は簡単にはかることができます。この機会に自分の勉強の仕方を見直してみてください。



SPONSORED LINK


計30,476人が受講中!試験に一発合格する超効率的な勉強法とは?

忍者の記憶法

もしあなたが、

・ノートを綺麗にとって何度も見直す。
・基礎から解説している参考書を探す。
・試験に出そうな問題にヤマを張る。
・無理してモチベーションを上げる。
・一夜漬けで一気に覚える。
・過去問を徹底的にこなす。

…みたいな勉強を今も続けているなら、このメルマガとレポートは必見でしょう。

なぜなら、こんな「当たり前」の勉強のやり方をしているうちは、成績を上げることはおろか、根本的に頭を良くすることも不可能だからです。

努力は報われる、と言います。

が、どれだけサッカーの練習を頑張ってもプロ野球の選手にはなれないように、努力には「正しい方向性」というものがあるのです。

勉強法についても、またしかり。

では、望む結果へと直結する「最高に効率のいい勉強法」が、もし仮に知れたとすれば…?

下手すると逆効果になりかねない退屈な勉強法ではなく、確実に成果の出る楽しい勉強法があるとすれば、あなたもちょっと知りたいと思いませんか?

LIFE VISIONメールマガジンでは、このブログでは書けない「脳の原理を応用した効果的な勉強法」をこっそりお伝えしています。

過去10年に渡り計30,476人が購読し、読んで実践するだけでアッと驚くような結果を出している勉強法専門のメールマガジン。

「学校の成績を上げたい」「試験に合格したい」「短期間で効率的に勉強したい」「もの忘れをなんとかしたい」と思っている人たちにとって必見の情報を、このメールマガジンでは公開していきます。

今なら、メルマガ登録の特典として『忍者の記憶法』というレポート(※非売品)もプレゼント中です。

ぜひ、このチャンスにレポートを手に入れてください。

メルマガの登録は、今すぐこちらのフォームからどうぞ。
form
※携帯電話のアドレスにはメールが届かない可能性があります。必ずパソコンのメールアドレスを登録してください。



コメントを残す

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ