心理学を使って勉強のやる気を劇的に上げるための方法

勉強 やる気勉強をしようと思っても、なかなかやる気が出ない時が1度はあるはず。始めて15分足らずでやる気がなくなり、勉強が進まない・・・そんな悩みを抱えている人も多いでしょう。

勉強はやる気次第で積極的に取り組むこともできれば、全く身に入らずダラダラやってしまうことにもなります。そのため、やる気の出し方をマスターすることが、効率よく勉強するには欠かせないのです。

勉強のやる気を出す方法としては色々な方法があります。しかし、勉強のやる気を出すのには、実はちょっとした心理学を用いることで簡単に出すことができるのです。

そこでここでは、心理学を使った勉強のやる気の出し方について紹介します。また、出したやる気を行動にかえるためのステップについてもお話ししますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の続きを読む



最小の努力で資格を取得するために必要な2つの要素

資格 取得資格を取得するための勉強は高校や大学の進学受験とは異なり、100%任意で受けるものです。つまり先生や親からの「勉強しないといけない」というプレッシャーがありません。

資格取得を目指すための学校や通信教育はあるものの、多くの人は独学で勉強し、合格を目指します。そのため、いかに努力を結果に結びつけられることができるかが取得できるかどうかのポイントになってきます。

実は、勉強する際に2つの要素を押さえてくことで、無駄に努力することを抑えつつ、資格を取得することができます。そこでここでは、資格取得に欠かせない2つの要素についてお話ししますので、具体的な勉強をする前に、まずはこのポイントを押さえておきましょう。

この記事の続きを読む


2013年03月30日 [資格試験攻略のコツ]

記憶力アップにもつながるイメージ記憶を高めるトレーニング

記憶力アップ02一言に記憶と言ってもさまざまなものがあります。人の名前や意味といった文面の記憶だったり、これまで生きてきた中で実際に行動したことやハプニングなどの経験の記憶だったり。

また、人の顔や風景などの映像やイメージの記憶というものもあります。これらの記憶は一見バラバラのように見えて、実は1つ1つが連結しているのです。

その中でも最も簡単に記憶できるのが、映像などの記憶、いわるゆ“イメージ記憶”です。このイメージ記憶を軸としてさまざまな記憶を連想させることで、より多くの記憶を頭に定着させることができ、記憶アップにつながります。

この記事の続きを読む


2013年03月29日 [脳の仕組み]

全然覚えられない!暗記が苦手な人達の5つの共通点

暗記「どんなに頑張っても全く覚えられない・・・」
「どんなやり方をしてもまったく暗記できない・・・」

そんな悩みを抱えいている人は多いと思います。暗記は試験やテストに必要な情報を覚えるだけというとてもシンプルな作業ですが、それゆえ得意な人と苦手な人がはっきり分かれる勉強と言ってもいいでしょう。

得意な人は苦もなくどんどん覚えていく一方、苦手ない人は読んでも書いてもなかなか覚えられません。では暗記が得意な人と苦手な人との違いはどこにあるのでしょうか?

暗記が苦手な人からいわせると「頭の良さ」や「暗記の仕方」と答えそうですが、真実はもっと別のところにあります。実は暗記が苦手な人には5つの共通点があるのです。

この記事の続きを読む


2013年03月25日 [一夜漬けや暗記のコツ]

努力ゼロでも忘れることなく記憶できる究極の暗記方法

暗記方法人は一度暗記したことを死ぬまで覚えておくことはできません。勉強ともなればなおさらで、どんな暗記方法を実践しても忘れる時は必ず来ます。

しかし、脳にストックしておく時間を長くすることは可能です。例えば勉強以外の記憶で、いつまで経っても覚えているようなものってありませんか?

子供の頃の思い出、初恋の思い出、結婚や出産の時の思い出・・・などなど。これらの思い出のように、暗記した情報や知識も一過性の情報ではなく長期にわたって脳の中に留めておくことができたのなら・・・と思ったことがあることでしょう。

実は、暗記をする際に少し暗記方法を工夫するだけで、覚えたことを忘れにくくすることができます。ここではそんな“忘れにくい”暗記方法を紹介しますので、暗記が苦手な人は実践してみてはいかがでしょう。

この記事の続きを読む


2013年03月24日 [一夜漬けや暗記のコツ]

記憶力アップのために欠かせない3つの学習習慣

記憶力 アップテストや試験で良い点数を取るためには勉強を欠かすことはできません。特にその中でも、暗記などの覚えることに苦労する人も多いはず。

極端な話、教科書の内容を全て記憶できれば、試験を突破することは決して難しくありません。つまり、記憶力を向上させることはそれだけ試験の難易度を下げることになるため、色々な方法で記憶力アップを図っている人もいます。

ところが記憶力というのは、勉強していれば自然と上がるものではありません。記憶力をアップさせたいのであれば、常に記憶力がアップするような習慣を心掛ける必要があります。

この記事の続きを読む


2013年03月23日 [記憶術・記憶法]

なぜか覚えられない!年齢以外で記憶力が低下する5つの原因

記憶力 低下記憶力はいろいろな方法で上げることもできますが、低下することもあります。これは単純に年齢によって脳の働きが低下してしまうため、その影響によって記憶力が下がってしまいます。

しかし記憶力が低下するのは年齢だけが原因ではありません。普段の生活の中でついついやってしまうことや、周りの便利な環境に慣れてしまうと、どんどん記憶力が低下していってしまうのです。

そこでここでは、年齢以外で記憶力が低下する5つの原因を紹介します。もし自分がこれからお話しする5つの原因のうち1つでもやってしまっているのであれば、記憶力の低下につながってしまうので改善するきっかけにしてください。

この記事の続きを読む


2013年03月22日 [記憶術・記憶法]

資格取得を決意する前に実践すべき正しい人生設計の立て方

人生設計勉強は学生だけがするものではありません。仕事などで役に立つから・・・ということでサラリーマンなどの会社員が資格の取得のために勉強することだってありますし、趣味などでいろいろなことを勉強する人も多いです。

しかし勉強を始めても、途中で挫折する人も珍しくありません。その原因は勉強の仕方や集中力ではなく、頭の中でイメージしている“人生設計”ではないでしょうか?

特に資格の取得はほとんどが義務でなく任意のため、自分の人生にとって必要かどうかをハッキリさせないと、途中で諦める可能性が高くなります。そこでここでは、資格の取得のために必ずやっておくべき人生設計の立て方についてお話しします。

この記事の続きを読む


2013年03月21日 [資格試験攻略のコツ]

実は病気じゃない?自閉症の人が持っている隠れた才能

自閉症空気が読めない発言をしたり、突然意味の分からない行動を取る・・・といった特徴から「人とのコミュニケーションがうまくできない病気」として有名なのが自閉症です。現在日本には自覚していない人も含めて100万人以上の人が自閉病といわれており、決して特別な症状ではありません。

コミュニケーションが上手く取れないため、どうしても距離を置かれがちな自閉病の方々ですが、実は彼らの中にはすばらしい才能を持った人達もいます。特に記憶力においては普通の人に比べてはるかに高いものを持っている人もいたりします。

なぜ自閉症の人達の中には、とてつもない記憶力を持った人がいるのか?ここでは自閉症と記憶力の関係性について詳しくお話してきます。

この記事の続きを読む


2013年03月19日 [脳の仕組み]

暗記の勉強をする時に実践してほしい集中力を高める方法4選

集中力を高める方法勉強の効率や学習効果を上げるためには、集中力を高めて勉強するかが重要です。特に暗記は作業自体が単調なため、集中力次第で覚えられる量や記憶への残り方も異なります。

どれだけ暗記に時間を費やしても、その時間集中していなければ知識として頭にインプットされません。逆に、短時間でもしっかり集中力を高めて取り組めば、知識としてインプットされ、試験の時に良い結果を出すことができます。

そこでここでは、暗記の勉強をする際に必ずやってもらいたい集中力を高める方法を紹介します。人によってさまざまな方法があると思いますが、少なくともこれから紹介する4つは、誰にでも簡単にできる方法なので、おすすめです。

この記事の続きを読む


2013年03月05日 [集中力]

勉強嫌いを克服して苦手意識をなくすための5つの対策

勉強嫌い勉強のやる気は勉強そのものが好きか嫌いかによって大きく変わります。人は好きなことをする時は自然とやる気も上がりますが、逆に嫌いなものをやる時はやる気があがらずなかなか行動にうつせないものです。

つまり、勉強のやる気を出すためにはまず“勉強嫌い”を克服する必要があります。勉強に対する苦手意識を払しょくできれば、勉強に対するやる気も上がりやすくなります。

ただ、勉強嫌いは気持ちを変えるだけですぐに克服できるものではありません。「勉強は難しい」「やっても分からない」というイメージが染みついているため、まずはこうした勉強に対する印象を改善していく必要があります。

この記事の続きを読む



サブコンテンツ

このページの先頭へ