暗記術を活用して試験をラクショーで乗り切るためのコツ


試験「なぜ一生懸命勉強しているのか?」

この質問をされた時、多くの人は「試験に合格するため」「テストで良い点数を取るため」と答えるでしょう。もし試験を受ける必要がないのであれば、必死になんて勉強したり暗記したりする必要がありませんからね。

試験のための勉強は決して一朝一夕でどうにかなるものではありません。何ヶ月も前からコツコツ勉強を続け、必要な知識を詰め込むことで良い結果を出すことができます。

でも実は、こうした試験やテストは暗記術を活用することによって、ラクショーで乗り切ることができるのです。ここでは、暗記術を活用した試験勉強のコツについてお話ししていきます。

SPONSORED LINK

 

 

「試験」の最大の特徴

試験1

試験勉強のコツについてお話しする前に、まずは“試験”の特徴について改めて理解しておく必要があります。まず試験と言っても様々なタイプのものがあります。

一番イメージが付くのは、センター試験や大学入試のようなもの。いわゆる“学科試験”というものです。

それ以外にも、自動車免許など資格の試験には、学科試験とは別に実際に実施試験があります。ここで紹介する試験勉強のコツはあくまでも“学科試験”で使うものとして読み進めてください。

まず学科試験の特徴としては、問題用紙が配られ、その問題を1つずつ解いていく形が一般的です。試験の中には論文形式で複数の答えがあったりもしますが、基本的には1つの問題に答えは1つしかありません。

こんなことは、試験やテストを受けた人なら誰でも知っていることです。しかしこれが、試験を攻略するうえで押さえておくべきポイントでもあるのです。

例えば恋愛や職場での人間関係の場合、1つの問題に対して様々なアプローチがあります。

・積極的に声をかけるべきか、そっとしておくべきか
・どんな言葉を相手にかけてあげると良いのか
・相手に信頼されるにはどんな行動を取ればいいのか

こうした問題は、その時の状況や相手の性格・立場によってそれぞれ違ってきます。そのため、ある人にとっては正解の行動も、別の人が実践すると間違いだということが多々あります。

ところが試験やテストではこういったことはまず起こりません。先ほども言ったように1つの問題に対して答えは1つしかありませんから、人によって正解が変わることはないのです。

 

試験における“暗記術”の役割

試験2

日常で起こる問題や悩みと比べて、試験には必ず明確な答えが存在します。そもそも試験は受験者の性質を評価する“ものさし”であり、このものさしが人によってブレることは許されないのです。

基準となる答えを用意し、その答えにどれだけ正確に沿っているかによって、その人の知識や能力を測る・・・それが試験の役割です。だからこそ、答えは1つしかありませんし、それ以上答えを用意することができないのです。

ということは、問題の正解の導き方を知るよりも、正解をそのまま“覚えてしまった”方が簡単だということ。

試験は、受験者が正確な答えを回答できるかを知るためのもので、その過程については特に重要視していません。つまり、受験者が『どのように勉強してか』については評価の対象に入っていないのです。

ならは、いかに効率よく、なおかつ短時間でできるような勉強をした方がラクに試験を突破できます。勉強は時間と労力をかけないといけませんが、時間や労力が学力向上と比例関係になっているわけではありません。

極端な話、出題されるであろう範囲を全部暗記していけば、試験で良い結果を残せる可能性はかなり高くなります。そう考えると“暗記術”が試験攻略においていかに重要なのかを理解してもらえるでしょう。

試験とは、答えのないところから答えを導き出すのではありません。受験者があらかじめ用意された答えに辿りつけるかを見極めるものなのです。

ならば、最初から答えを暗記しておけば、紆余曲折することなく直線で答えまで辿りつくことができます。暗記術とはいわば、試験で答えまで最短距離で進むための特急切符みたいなものなのです。

 

試験攻略に特化した暗記術

試験3

試験を乗り切るためには、いかに出題範囲の内容を暗記して挑めるかがカギとなってきます。覚えられた量が多ければ多いほど試験もスラスラ解くことができるため、限られた時間でどれだけ暗記できるかが結果を大きく左右するといっても過言ではありません。

しかし人によっては暗記が苦手な人も多くいらっしゃいます。「全然覚えられない!暗記が苦手な人達の5つの共通点」でも紹介しているように、暗記が苦手な人には暗記の仕方や取り組む姿勢に問題があるので、まずはそこから改善していくようにしましょう。

暗記術と言っても具体的にはさまざまな方法があります。よく言われるのが“右脳”を使った方法で、五感や感情を交えて暗記すると忘れにくいと言われています。

それ以外にも、人によって色々な暗記術を実践し、試験に必要な情報や知識を覚えて挑んでいます。そこでここでは“試験攻略”に特化した暗記術を4つ紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

1)暗記する“回数”を増やす

暗記をする時に心掛けることは、いかに回転を早くして何度何度も取り組むか・・・です。中にはじっくり確実に暗記しようとする人がいますが、時間をかければかけるほど記憶されにくい傾向があります。

そのため、短時間でとにかく量を詰め込むような気持ちで暗記すること。英単語10語を30分かけて確実に覚えるよりも50語を30分かけて覚えるのを毎日やったほうが早く暗記できます。

特に教科書の内容を覚える時は「教科書や参考書の内容をサクサク覚えるための裏ワザ」でも紹介しているように最低でも7回読むのがおすすめ。基本的に試験は教科書を中心に出題されるので、まずは教科書から取り組むようにしましょう。

もちろん、一度覚えたからと言って満足しないように。人の記憶は時間が経つにつれて徐々に忘れていってしまうため、定期的にメンテナンスして忘れてしまったものを思い出す作業も怠らないように。

2)睡眠は必ず取る

暗記で大切なのは、いかに頭の中がクリアでスッキリしている時に取り組むかです。部屋と一緒で散らかっている状態で新しい荷物を入れても置くスペースがないように、頭の中がゴチャゴチャしている状態で暗記しても一向に覚えることができません。

では頭をスッキリさせるには何が一番効果的なのか・・・?それは睡眠です。

脳は睡眠中に1日の情報を整理しており、その日覚えたことを脳に深く刻む行為をしています。言い換えれば、睡眠を取らないとこうした作業が行えないため、覚えたことがどんどん忘れていってしまうのです。

ですので、試験が間近に迫っていようが睡眠を取ることだけは忘れないように。脳科学者達の研究結果から、6~7時間半の睡眠が最も効果的だと言われていますので、なるべくそのくらいの時間は寝るようにしましょう。

また「学習効果を上げるために欠かせない睡眠の質を上げるコツ」を参考に、睡眠の質を上げることによってより頭をよりクリアにすることができます。間違っても勉強時間を確保するために睡眠時間を削らないように。

睡眠も暗記と同じで学力をつけるための作業の1つです。軽視することなくきちんと睡眠を取ることを心掛けてください。

3)記憶力が高まる栄養を摂る

みんなに内緒で頭をよくする4つの栄養素」でもお話ししているように、普段口にする食べ物に気を使うことも、効率よく暗記するには不可欠です。人間は食事からしか栄養を摂取することができないため、普段口にしているもので脳の働きが左右されます。

では暗記に強くなる栄養素はどういったものなのか・・・特におすすめなのがイワシに含まれている活性化剤DMAEです。アメリカの研究で、乳幼児にこのDMAEを摂取させた結果を分析したところ、IQの向上や集中力の向上、精神状態の落ち着き、記憶力の向上が証明されました。

それ以外にもピログルタミン酸やグルタミンも記憶力を高める効果があると言われています。こうした栄養素が含まれている食品などを積極的に摂るようにしましょう。

ただし、こうした栄養を摂ったからといってすぐに記憶力が高くなるわけではありません。また記憶力が上がっても実際に暗記をしないと覚えることはできませんので、食べたからと言って満足しないように。

4)一夜漬けは最後の切り札

試験が近くに迫ってくると、いよいよラストスパートをかける人も増えてくると思います。特に今まで勉強をさぼってしまった人達は、これまでの遅れを挽回すべく一夜漬けをする人もいるでしょう。

一夜漬けのやり方については「テスト直前の強い味方!一夜漬け暗記のコツ」でも紹介しているように、正しくやれば試験を突破することができます。そのため、とにかく何でも一夜漬けで済まそうと考える人も少なくありませんが、個人的にはおすすめしません。

なぜなら、一夜漬けで暗記したことというのは、通常の暗記術に比べて忘れてしまう可能性が非常に高いからです。そのため、目の前の試験は突破できても、もっと先に待ち受ける試験までに再び覚え直す必要があり、結果的に二度手間になってしまうからです。

ですので、なるべく一夜漬けしなくてもいいよう、あらかじめ勉強スケジュールを立てておき、それに沿って取り組むようにしましょう。あくまでも一夜漬けは、どうしようもなくなった時も“切り札”として取っておいてください。

 

まとめ

ここでは、試験を攻略するために暗記術がいかに重要なのかをお話しするとともに、具体的な暗記法についてもお話ししてきました。もちろん暗記だけで試験を乗り切ることは難しいですが、“覚える”ということがどれだけ大切かということは理解してもらえたかと思います。

基本的に勉強する時間というのは限られています。試験までの残された時間の中で、いかに効率よく知識を吸収するかが大きながカギとなります。

だからこそ、時間をかけずサクサクと覚えていける暗記術を身につけることが重要になってきます。試験のための勉強をする前に、まずは勉強の仕方や暗記の仕方を身につけるところから始めてみてください。



SPONSORED LINK



【瞬間記憶のテクニック】“コンマ数秒”であらゆる情報を強烈に脳へと刻み込む『忍者の記憶法』

20個の単語を一度聞いただけで完璧に覚える瞬間記憶のテクニックとは?

忍者の記憶法
はるか遠い昔、まだボールペンもメモ帳もICレコーダーもなかった時代。

日本が誇る諜報活動のプロ・忍者は、敵勢を視察する際に「特殊な記憶のテクニック」を使って大量の情報を一瞬で脳にインプットし、主人のもとへ持ち帰ったと言います。

それは、下手すれば国の行く末さえも左右しかねない、とてもとても重要な情報。

1文字たりとも漏れたり、間違って記憶することは許されません。

では、彼らは一体どのようなテクニックを使い、メモを取ることなく話を盗み聞きするだけで1時間もの会話を丸ごと記憶していたのか?

実は、私たちが予想もしない「ある意外な方法」で瞬間大量記憶を実現していたのですが…。

一度聞いただけで完璧に記憶する『忍者の記憶法』の秘密を、特設ページで公開しています。

↓にメールアドレス(PC用)を登録し、『忍者の記憶法』の特別公開ページへのアクセス権を今すぐ手に入れてください。

今から60秒後、あなたは「あらゆる学習に応用可能な、情報を“コンマ数秒”で脳に刻み込む忍者の記憶テクニック」を知ることになります。
form
※携帯電話のアドレスにはメールが届かない可能性があります。必ずパソコンのメールアドレスを登録してください。



コメントを残す

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ