効率よく勉強するために知っておくべき記憶のメカニズム

記憶勉強するうえで避けては通ることができないのが暗記や記憶といった“覚える”という行為です。勉強する教科によってその割合は変わってきますが、記憶しなくても点数が取れる教科というのはありません。

記憶できる情報量が多ければ多いほど、試験やテストで良い結果を残すことができます。そのため「いかに効率よく、そして短期間で暗記できるか?」といった暗記テクニックや、自分の記憶力をアップさせるトレーニング法などを求めている人も多いです。

しかし、ほとんどの人がどうやって情報が頭の中で記憶されるのかを理解していません。記憶できることは物心ついた時から自然とできたことなのであまり考えたこともなかったかもしれませんが、この“記憶のメカニズム”を知ることで、自分の記憶力を上げるきっかけになります。

この記事の続きを読む


2014年12月06日 [脳の仕組み]

やる気が出ない人こそ見るべき吉永賢一さんのセミナーDVD

吉永賢一「勉強しないと!」と思って始めても、その時の気持ちは時間とともに徐々に下がっていきます。そして気持ちと一緒になくなっていくのが“やる気”です。

このやる気が出ないとどれだけ焦ったりしても一向に勉強がはかどりません。例え明日が試験当日だったとしても「なんかやる気でないな~」と、勉強に身が入らないままですから、当然試験も合格するのが難しくなるでしょう。

また勉強のみならず、仕事やその他行動についてもやる気の有無によって大きく結果が異なります。つまりこのやる気をいかに出すべき時に出せるかが、自分が掲げた目標をクリアして、楽しい人生を送れるかにかかっているのです。

そんなやる気の出し方を分かりやすく丁寧に解説しているDVDがあります。それが吉永賢一さんが以前開催した「やる気セミナー」を映像化したDVDです。

この記事の続きを読む



60分で速読をマスターする教材「プチ速読」の上手な活用法

プチ速読近年、読解力の低下を防いだり、脳の働きを良くするための方法として「速読」が良いと言われています。しかし、人によってはなかなか結果が出なかったりまったく読むスピードが上がらない人もいます。

人によって脳の形も大きさも異なります。そのため、同じ速読術を実践しても結果が出る人と出ない人の両方が存在しても決して不思議ではありません。

ところが、老若男女誰が実践しても読書スピードを2~3倍にあげることに成功した速読教材があります。ここでは、7歳の子供から78歳のお年寄りまで、誰もが短期間でマスターできた速読教材「プチ速読」についてとその活用法についてお話します。

この記事の続きを読む


2014年05月01日 [速読・読書]

頭の回転が速くなる「スピードリスニング」の本当の効果とは

スピードリスニング学習の効率を高めるための方法として「頭の回転を早める」というのがあります。ただ、頭の回転は意識的に早めることはできません。

頭の回転を早めるには脳にプレッシャーを与えて潜在能力を引き出す必要があります。分かりやすく言うと、今までより早い速度で情報を詰め込み、脳の処理速度を向上させるのです。

速読も頭の回転を早くするための訓練の1つです。そしてもう頭の回転を早くするもう1つの訓練は「耳で聞く音のスピードを上げる」方法です。

こうした、耳で頭の回転を早め、脳を鍛えるためのツールとして使われているのが「スピードリスニング」です。このツールはこれまで8500人以上が愛用している速耳ソフトで、自身の学習効果を最大限まで高めてくれます。

この記事の続きを読む


2014年02月05日 [速読・読書]

効率アップ間違いなし!勉強に集中する方法4選

勉強に集中する方法効率よく勉強する方法とは別に、多くの人が探しているが“勉強に集中する方法”です。勉強に集中することができれば、勉強がはかどり、試験やテストで良い結果を出すことができるからです。

逆に言えば、多くの人が勉強に集中できていないということ。もちろんやり始めた当初はやる気も満ち溢れていますので、集中力も高かったのですが、時間を重ねることによってやる気とともに集中力も落ちていってしまっているのでしょう。

そこで、勉強に対する集中力を上げるために欠かせない取り組み方を4つ紹介します。どれも勉強の仕方や時間配分を変えるだけでできるような簡単なものなので「勉強に集中できない」とお悩みの人はぜひ実践してみてください。

この記事の続きを読む


2013年08月11日 [集中力]

限られた時間で効率よくこなしていくためのテスト勉強のコツ

テスト勉強中学校に入ると、小学校の時にはなかった『定期テスト』が始まります。これにより、先生や親に言われたり、友達の姿を見ることで「勉強しなきゃ」と感じることが多くなるでしょう。

とはいえ、小学生の時に自分なりの勉強法を確立できた人はほとんどおらず、多くの人は「勉強ってどうやるんだ?と疑問に思うはず。特にテスト勉強については今まで経験したことがないですから、具体的な方法を一から探さないといけません。

そこでここでは、定期テストを乗り切るためのテスト勉強のやり方について紹介します。特に自分の勉強の仕方が確立していない人は、ここでお話ししたことを実践し、そこから少しずつアレンジを加えて、自分なりの勉強法を確立していってもらえばと思います。

この記事の続きを読む


2013年07月31日 [テスト勉強必勝法]

勉強に欠かせないモチベーションを維持する方法4選

モチベーション勉強するためにやる気を上げることは大切です。しかし、上げたやる気がすぐに下がってしまったら10分もしないうちに拒否反応が出てしまい、勉強するのをやめてしまいます。

もちろん5分や10分でできる勉強もありますが、できない勉強だってあります。こうした多少時間をかけてでも取り組むべきものをやるためには、勉強に対するモチベーションをいかに維持するかがポイントになってきます。

勉強に限らず、モチベーションを高く持ち、それを維持することは良い結果につなげるためには欠かせないポイントです。そこでここでは、勉強に対するモチベーションをいずするための方法を紹介します。

この記事の続きを読む



教科書や参考書の内容をサクサク覚えるための裏ワザ

覚える勉強するうえで基本となるのはやはり教科書になります。試験にせよテストにせよ基本的には教科書に書かれているところから出題されるため、教科書の内容を理解し、覚えることが試験合格の近道です。

ところが、いくら教科書を読んで覚えようとしてもなかなか頭にはいっていかず、苦労している人も多いと思います。また教科書ではなく参考書を使って覚えようとしても、選んだ参考書によっては教科書以上に覚えるのが大変だったりします。

そこでここでは、教科書に書かれている内容をすんなり覚えることができる方法を紹介します。この方法を実践すれば、何種類も参考書を買うことなく、教科書だけで試験を乗り切ることができるので、ぜひ実践してください。

この記事の続きを読む


2013年07月11日 [一夜漬けや暗記のコツ]

意外と知られてないIQが表す数字の意味と必要性について

IQ人の頭の良さや学力を示す数値というのはたくさんあります。例えば学校でもらう通信簿に書かれている数字(内申点)や偏差値だったり、TOEICの点数もそうです。

その中でも特に有名な数値がIQ(知能指数)です。このIQが高ければ“頭が良い人”という印象をもたれますが、そもそもIQという数値について詳しく知っている人は決して多くないはず。

そこでここでは、IQが一体どういった数値なのかを紹介していきます。またIQの測定方法や上げる方法についても言及しているので、自身のIQを測定してみて、満足しないようでしたら、ぜひ上げていってもらえればと思います。

この記事の続きを読む


2013年06月10日 [脳の仕組み]

勉強のやる気を湧き立たせてくれる偉人達の名言集

やる気 名言人によって勉強のやる気を上げる方法はさまざまあります。中には“偉人からの名言”を読んでやる気を上げる人もいるでしょう。

これまで過去に多くの成功者がいました。彼らは後世の人達に対するメッセージを残しており、そのメッセージは読んだ人達にやる気を与えてくれます。

なぜならこうした名言は、偉人達が手にした成功だけでなく失敗や挫折などの経験からきています。つまり彼らの名言とは、現在成功を目指して勉強している人達へのエールなのです。

そこでここでは、過去に様々な業界で成功した人達が残した“勉強のやる気がでる名言”を集めてみました。もしなんとなく勉強に身が入らないのであれば、彼らの名言を読んでモチベーションを上げてください。

この記事の続きを読む



学校では教えてくれない学習効果を上げる勉強の仕方4選

勉強の仕方学校や進学塾では、各教科でどこが試験に出るだとか、どこが大切なのかは教えてくれます。しかし、自宅などで勉強する際に『どのように勉強したらいいか?』などの、具体的な勉強の仕方については全く教えてくれません。

それもそのはず、学校や塾の先生も、効率的で学習効果が高い勉強の仕方を教えることができないのです。なぜなら、ベストな勉強の仕方というのは、人によってそれぞれ異なるから。

例えば暗記力や理解力は、脳の働きによって異なりますし、1日の勉強時間だって人によって違ってきます。そのため「こんな風に勉強しなさい」と勉強の仕方を伝授しても、成績が上がる人と上がらない人に必ず別れてしまいます。

この記事の続きを読む


2013年06月07日 [効率を高める勉強方法]

サブコンテンツ

このページの先頭へ